世界初のED治療薬バイアグラを徹底解剖!

注意点はしっかりと理解しておこう!

牛乳

バイアグラを服用する際は一般的には水で飲むようにしましょう。

お酒やお茶、ジュースなど様々なもので服用することも可能ですが、乳脂肪が含まれる牛乳などでの服用だけはやめておきましょう。

乳脂肪が含有している飲みものだと薬の吸収を妨げる場合があるのです。

特別な理由がない限り、水で服用するのが理想的です。

アルコール

お酒などのアルコール類でお薬を服用してしまうと効果が強まったり弱まったりすることがあり、また、想定していたものとは違った効果が出てしまうこともあります。

基本的には、薬とアルコールの相性はよくありませんが、ED治療薬の場合は少量であればお酒で服用しても問題はなく、逆に効果が高まる可能性もあるのです。

勃起不全はメンタルの不安が原因で発症する場合もあります。

アルコールには精神安定効果があり、少量の飲酒であれば精神的に良い方向に作用することが多く、薬の効果を最大限に発揮してくれるのです。

ED治療薬の場合、飲み物とお薬の組み合わせで問題が発生するという医学的な根拠は無く、お酒でバイアグラを服用したり、飲酒の後にお薬を服用したりといった飲み方でも問題はないのです。

ただし、お酒に精神安定効果があり、お薬にも影響しないからといって、飲みすぎは禁止です。

お酒は脳の働きを妨げることがあり、男性機能も低下する恐れがあります。

お酒の飲みすぎはお薬の効果が正しく発揮されない原因にもなるので注意しておきましょう。

また、お薬の血管拡張作用によってお酒が急速に全身に回ってしまい、急性アルコール中毒を引き起こしてしまう場合もあります。

このような危険性を少しでも減らすためにも、服用する際の飲酒量については厳しくする必要があるのです。

お薬を理解しよう

ED治療薬は、男性機能をサポートするお薬であることを知っておきましょう。

ED治療薬に媚薬的な効果は一切無いため、性的興奮を促進する作用や性欲を増進させる作用などはないのです。

ED治療薬を飲めば、いつの間にか勃起しているわけではなく、必ず性的な刺激が必要となってきます。

刺激が無くなってしまうと、お薬の効果時間内であっても勃起はしなくなってしまいます。

また、効果が切れていなければ何度も射精ができるというお薬でもありません。

その他、糖尿病、肥満、高血圧、鬱病の治療薬などがきっかけで勃起不全になっている場合などは、通常量のお薬では効果が出ないこともあります。

こういった時は量を増やしたり、別のED治療薬に変えるなどするようにしましょう。

↑ PAGE TOP