はじめに

バイアグラは服用方法をしっかり守らない以外にも、体やメンタル的な状態によってはバイアグラの効果を発揮しない場合があります。

バイアグラが効果を発揮しないケースをしっかりと覚えておきましょう。

また、すでに服用中なのに効きがあまり良くないという人も一度服用方法を確認してみましょう。

老化

60歳を過ぎると2人に1人が、何かしらの勃起障害・勃起不全を起こしているといいます。

老化が進むとED治療薬を使用してもその効果が現れにくく、神経伝達に重要な脊髄の機能の衰えや、損傷などをしてしまうと薬の効果が性器に行き渡らないので、バイアグラの効果が薄れていくのです。

精神的問題

バイアグラはメンタル面の問題やそもそも興奮しない性欲減退などの症状を持っている人にはあまり効果がありません。

あくまでバイアグラは「勃起しようとしているペニスをサポートするもの」になるので、漫画で出てくるような媚薬のように興奮を起こさせる効果はないのです。

性欲減退などメンタル的な問題による勃起不全の場合などは、泌尿器科などのクリニックで医師に相談して治療薬以外の治療法を処置してもらいましょう。

食後の服用

ED治療薬として有名なバイアグラは、一般的なお薬とは違い食前に使用することで効果を発揮してくれます。

もし食後に服用してしまうと食べた物がお薬の吸収を妨げてしまい、思ったような効果が発揮されなくなってしまいます。

バイアグラ使用時は、食べる1時間前、空腹時に服用することをおすすめします。

この方法さえ厳守すればお薬の有効成分をしっかりと吸収することができ、効果を十二分に発揮してくれるでしょう。

万が一、食事をしてしまった場合は2時間以上の間隔をあけて、食べ物が消化されてから服用するようにしましょう。

血管機能の低下

ED治療薬を服用すると血管が拡張され、陰茎に流れ込む血流の量を増やすので勃起を補助してくれます。

しかし、動脈硬化や肥満などの関係で血管が固まり機能が低下していたりすると、血管自体が上手に広がらず、薬の効果が発揮されません。

また、糖尿病患者の方も血管の働きが弱まっているのでお薬が効かないケースがあります。

さいごに

ED治療薬が効かないケースもありますが、だからといってお薬の用法や用量を無視して、過剰に服用することだけはやめておきましょう。

効果が現れない場合は、何かしらの理由があります。

ですので病院やクリニックで診察を受けるようにしましょう。

↑ PAGE TOP