ED治療薬の効果

ED症状が重い人を含めても8割以上の人が効果を実感しているというED治療薬。

重度の患者さんを除いた状態で統計を取った場合の有効性は実に95% 以上!

バイアグラやレビトラなどのED治療薬は、服用することで20代に戻ったような効果を発揮してくれます。

しかし、高い効果を実現するためにはED治療薬の服用のタイミングが重要です。

飲むタイミングとしてベストなのは空腹時で、満腹時や食事中に薬を飲むとその効果が得られないこともあるので注意しましょう。

ED治療薬はそこさえ守ることができれば高い有効性を持ったとても便利なお薬なのです。

ED治療薬の働き

媚薬や精力剤と間違われることも多いバイアグラやレビトラですが、勃起障害治療薬はあくまでも勃起を手助けをしてくれるお薬だということを覚えておきましょう。

陰茎を硬くさせるメカニズムとして、「サイクリックGMP」という物質の働きが関係しており、筋肉の血管を弛緩させることで勃起を促進し維持させています。

この物質の性質としては、酵素によって分解される作用があり、陰茎の硬直状態から通常の状態に戻る際には、この酵素が多く働きサイクリックGMPの活動を抑制します。

この酵素こそが「PDE-5」です。

PDE-5酵素が多く働いてしまうと勃起障害や勃起不全が起こってしまうのです。

つまり勃起障害治療薬には、PDE-5酵素の働きを抑制しサイクリックGMPの働きを良くしてくれるお薬なのです。

ED治療薬の安全性

EDの治療法として最もポピュラーなのが薬物療法つまりED治療薬とされており、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのPDF5阻害剤は世界中で多くの人に利用されています。

ED治療薬は、体の流れを良くし、血液が性器に集まることを補助するだけのお薬です。

身体的な依存症もなく、薬が効いている間も性的刺激さえなければ普段通りの生活ができます。

血液の流れがよくなると心臓へ負担がかかると考える人もいるかもしれませんが、ED治療薬を飲んで性行為を行うことは、階段を早歩きで上がる程度しか心臓への負担は掛からないので、大丈夫です。

↑ PAGE TOP